家事従事者休業損害

福岡市
30代 / 女性 / 主婦

ご依頼者は30代女性の主婦。玉突きの追突事故の被害に遭い(当方過失なし)、頚椎捻挫・腰椎捻挫(むちうち)を受傷。一時家事がほとんどできない状況にまで陥る。約4カ月整形外科と整骨院に通院し症状固定(後遺症なし)。相手方保険会社からの事前提示がなされた後に弁護士に相談。

  • 結果
  • 依頼前
    約44万円(休業損害約17万円、傷害慰謝料約26万円)
    依頼後
    約112万円(休業損害約52万円、傷害慰謝料約57万円)
  • 154%
    UP
  • 約44万円

    依頼前

  • 約112万円

    依頼後

依頼の経緯

当初はご自身にて相手方保険会社と交渉に当たっていたが、そのやり取り自体が精神的に大変なストレスであり、また事前提示された金額が適正かどうかが分からなかったので、整骨院からの紹介で弁護士費用特約を利用していかり法律事務所にご依頼。

解決に至った経緯

弁護士が受任後、依頼者から改めてヒアリングした内容をもとに損害額を計算し、保険会社からの提案額が適正かどうかを検証。休業損害と傷害慰謝料の部分が大幅増額の見込みありと判断。弁護士にて交渉し解決に至った。

00759