後遺障害

福岡市
40代 / 女性 / 従業員

ご依頼者は40代女性の飲食店従業員。交通事故の被害に遭い、頚椎捻挫・腰椎捻挫(むちうち)を受傷。約11カ月間継続して整形外科に通院し症状固定。事故直後に弁護士に相談。

  • 結果
  • 依頼前
    事前提示なし
    依頼後
    約266万円(後遺障害等級14級認定)
  • 事前提示なし

    依頼前

  • 約266万円

    依頼後

依頼の経緯

当初の過失割合は、保険会社から6対4の提示を受け納得できずにいたところ、整骨院の紹介で被害者の方に初回無料法律相談にお越しいただき、治療終了前にご依頼。

解決に至った経緯

まずは、治療に専念していただくために、保険会社に受任した旨を連絡し治療終了まで保険会社と交渉。治療中は通院状況や症状を定期的に確認。過失割合について相手方は一時停止義務違反、前方注視義務違反を争いましたが、加害車両が一旦停止せずに交差点へ突然進入した過失を実況見分調書や依頼者への聴取などにより明らかにした。最終的には当方と相手方との過失割合は2:8となりました。後遺障害等級についても、首を中心にむち打ち症の症状が残った。通院先への医療照会や医療調査会社の協力を得て意見書の作成などを行い、申請をした結果、後遺障害等級14級が認定されることになった。後遺障害等級が認定されたため、逸失利益についても損害額が計上された。その結果、既払い額を除くと、266万円の慰謝料が認められた。

00778